【仙台】受験面接の極意➡無料プレゼント中!

仙台で中学受験をする小学生の割合は約11%

こんにちは、仙台二華中に合格した娘を持つ明治和花です。

・仙台ではどれくらいの小学生が中学受験をしているのですか?

・地元の公立中学に行ってから高校受験をして大学受験するのと、中高一貫校に行って大学受験するのでは、どちらが難関大に進めるでしょうか?

・今、小学6年生で仙台二華中を目指しているのですが、成績が悪く塾を変えようと思うのですがどう思いますか?

本記事は、このようなあなたの疑問を解決できる記事になっています。

なぜならば、仙台市のデータから受験割合を算出し、私の娘が仙台二華中に合格するためにに塾から家庭教師に変えた理由を公開しているからです。

この記事の前半では仙台で中学受験をする小学生の人数を算出し、記事の後半では中学受験をしている公立中学の特徴やオススメの塾について解説していきます。

あなたがこの記事を読み終える頃には、仙台市内でどれくらいの小学生が中学受験をしているのかが分かり、中学受験の対策を今度どうしたらいいのかが分かるようになります。

目次

仙台で中学受験をする小学生の割合は約11%

仙台市内の2019年度の小学6年生の人数は計9089名

下記の表が仙台市内の小学6年生の人数になります。

2019年度は男の子が4684名、女の子が4405名となっており合計9089名となります。

年度男子児童数女子児童数
20154,7574,530
20164,4614,302
20174,4514,201
20184,5914,366
2019年4,684名4,405名

2020年度の仙台二華中、青陵中、古川黎明中の合計出願者数

下記の表が仙台二華中、青陵中、古川黎明中のそれぞれの出願人数と合計人数です。

合計出願人数は1002名となっています。

学校名定員2020年度
仙台二華中105名473名
仙台二華中140名305名
古川黎明中105名224名

計算上、約11%が中学受験をしている

仙台市内の小学6年生の人数が9089名、公立中高一貫校に出願した人数が1002名だとすると単純計算で11.02%(1002名÷9089名)となり、10人に一人は公立中高一貫校を受験している計算です。

仮に仙台市内からの受験者が少ない可能性がある古川黎明中の出願人数を除くと、出願人数が778名(1002名ー224名)となります。

その数字を使って計算しても8.56%(778名÷9089名)となり、仙台市内の小学6年生の11人~12人に一人は中学受験をしている計算です。

これは公立中高一貫校だけの数値なので、私立中学出願者も混ぜると中学受験をしている小学生は意外と多くいるなという印象になるかと思います。

仙台市内外で中学受験をしている公立中学校の特徴

仙台二華中学校

仙台二華中は、仙台市若林区連坊にある併設型の中高一貫校で、2019年度は国公立大学へ128名が合格しており、市内でも屈指の進学校です。

入試については、総合問題(60分)、作文(40分)、集団面接があり、2020年度の出願倍率は4.50倍となっており非常に高い倍率です。

その他、仙台二華中学校の詳細はコチラの記事で分かりやすくお話ししています。

仙台青陵中等教育学校

仙台青陵中は、仙台市青葉区国見ヶ丘にある中等教育学校で高校からの入学者がいません。

また、2019年度は国公立大学へ75名が合格しており、こちらも市内屈指の進学校です。

入試については、仙台二華中とは異なり総合問題が総合問題Ⅰ(40分)、総合問題Ⅱ(40分)に分かれており、ほかに作文(40分)と集団面接があります。

その他、仙台青陵中等教育学校については詳しくコチラの記事で紹介しています。

古川黎明中学校

古川黎明中は、大崎市古川にある併設型の中高一貫校で、2019年度は国公立大学へ47名が合格しております。

入試については、仙台二華中と同じ構成で総合問題(60分)、作文(40分)、集団面接が用意されています。

その他、古川黎明中については下記の記事で詳しく紹介しています。

仙台で中学受験をしたい人に向けた塾はコチラ

総合問題・作文対策なら

私の娘は小学5年生まではグループ指導の塾に通っていましたが、成績が思うように伸びなかったので6年生からは少しばかり家庭教師の方に来てもらっていました。

家庭教師の方に来てもらってからはフィードバックを貰って娘の得意・不得意をしっかり把握するようにした結果、成績が伸びて仙台二華中に合格する事が出来ました。

親が関与すれば成績が伸びるとは限りませんが、中学受験ではしっかり子供の状態を把握して適切なサポートをする必要があるなとこの時に感じました。

塾の必要性については下記の記事で詳しく解説しています。

面接対策なら

面接対策に関しては、私が小学6年生の夏くらいから徹底的に指導を行いました。

小学生なので当たり前ですが、最初は入室の方法も知らなかったので入室方法・面接中のマナー・受け答え方など全てイチから一つずつ指導し、受験直前には自信に満ち溢れた娘がそこにいました。

私の面接指導が100%正解とは限りませんが、娘以外にも仙台二華中や青陵中に合格させた実績から個別指導の面接塾を経営しておりますので、お子さんの面接対策に不安があるならば下記よりお問い合わせください。

まとめ:仙台で中学受験をする小学生は10人に一人くらい

仙台市内でも徐々に公立中高一貫校が認知されてきており、考えている以上に中学受験が一般的になってきているのかもしれません。

では、改めて記事の内容を確認していきましょう。

仙台で中学受験をする小学生の割合は約11%

⇒仙台市内の小学6年生の人数が9089名、公立中高一貫校に出願した人数が1002名だとすると単純計算で11.02%(1002名÷9089名)となります。

仙台市内外で中学受験をしている公立中学校の特徴

⇒公立中高一貫校は宮城県内で3校あり、それぞれ特徴があるので下調べは大切です。

仙台で中学受験をしたい人に向けた塾はコチラ

⇒中学受験をするなら早めの対策をして、ご両親もしっかりお子さんの学力を把握する事が大切です。

最初は私も塾に行かせておけば良いと思っていましたが、それじゃダメなんだと思い知らされました。

お子さんの力を最大限に発揮させるにはご両親のサポートが一番大切ですので、塾や家庭教師に任せっきりではなくしっかり介入していきましょう。

もう一度お伝えしますが、お子さんの面接対策に不安があれば、下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

「中学面接の極意」を無料プレゼント

目次
閉じる